Bogner Ecstasy ミニヘッド が登場! ボグナー エクスタシー ミニヘッド アンプ

Bogner Ecstasy ミニヘッド が登場! ボグナー エクスタシー ミニヘッド アンプ

Bogner Ecstasy ミニヘッド が 2021年7月27日より販売開始!

このミニヘッド人気の中 遂に! Bogner が出します! Bogner Ecstasy ミニヘッド ( ボグナー エクスタシー ミニヘッド )です!
先日発売された Friedman BE-miniヘッドもですが、最近のミニヘッドのドライブサウンドは、本当に音が良いですよね! 当店でも良くご紹介している Egnaterのキャビネットを始め、12インチx1発のコンパクトキャビも各社から出ていますが、キャビ自体でサウンドの方向性は大きく変わりますので、エフェクターをあれこれ交換するもの楽しいですが、ミニヘッド+キャビで「根幹のサウンド」を作ってしまうのも楽しみの一つです。

さて、今回発売になる ボグナー エクスタシー ミニヘッドですが、サウンドの方向性としては、ペダルエフェクターで絶大な人気のある エクスタシーブルーのサウンドを主軸とした事から密度の濃いドライブサウンドを出力する事ができます。 ペダルエフェクター にも搭載されていた3つのコントロールスイッチ(バリアック と MIDフリーケンシー , PRE EQ)の効きが非常に良く、細かいサウンド・メイキングが可能になっています。

Gainスイッチでブーストさせる事で Ecstasy Redの様なハイゲインも行けてしまうという、何ともサウンドバリエーションが広い仕様となり、一見、作ったサウンドを「ただブーストアップさせるだけ」みたいな印象なんですが、GainスイッチをONにするとブーストされるEQの帯域も連動して変わりますので、オフの時のGain量とオンの時のGain量を「同じ位に設定」したとしても、出力されるサウンドキャラクターは変わります。
Gainスイッチ1つ挟むことで、更にバリーションの広い音作りが可能になってます。

ボグナー エクスタシー ミニヘッド レビュー

弊社youtubeチャンネルにて、Bogner Ecstasy ミニヘッドのサウンドレビューを公開していますので、ご覧ください。

元サイトで動画を視聴: YouTube.

日本代理店 ミュゼットジャパンから引用

Ecstasy mini ミニアンプ ヘッドは、1992年の登場以来Bognerアンプの最高峰として君臨し続ける「Ecstasy Head」のサウンドをコンパクトサイズで実現しました。約1.8Kgの超軽量なボディーにソリッドステートパワーアンプを搭載し、30Wとは誰もが信じないであろう想像を遥かに超えた音圧のあるサウンドを得ることができます。軽さと機動力を生かしライブステージに持ち運んで使用することも、そしてVOLを絞れば自宅練習にも最適な音量でプレイすることもできます。

Bognerペダルの大ヒット作「Ecstasy Pedal」譲りのコントロール部に、新たにGAIN + / ー 切り替えスイッチと3段階のMID FREQスイッチを搭載しバリエーション豊かなサウンドメイクが可能です。VARIACスイッチは全体的な音圧とそのサウンドキャラクターはそのままに全体の音量を下げると同時に、チューブアンプのようなサステインとコンプレッション感を加えることができ、小音量でも本格的なギターアンプサウンドを作ることができます。

背面にはEffect Loopも搭載していますので、お気に入りの空間系エフェクトを接続し広がりのあるサウンドを作ることもできます。

電源はDC24V駆動となり、専用のアダプターが付属します。

最新投稿記事

Instagram